幸せがそこにあること

頑張るよりも楽しんでV6への愛を叫び現実的にゆるくファン活をするブログ

V6とともに未来という旅へ!V6 LIVE TOUR 2007 Voyager 僕と僕らのあしたへ DVD感想☆初回限定特典映像☆

V6 LIVE TOUR 2007 Voyager 僕と僕らのあしたへ
今回は初回限定盤特典の感想です。
コンサート本編の感想はこちらから。
ざっくりしたおすすめ点と概要はこちら。

 

Disc3はマルチアングルとMC集。
マルチアングルはOver Drive、ROCK THE HOUSE、
Gram-8、ジャスミンの4曲。

 

リモコンのボタンで見たい人に切り替える必要あり。
これ、ほんとに操作がわからないと
一向に坂本くん(カミ曲は健くん)しか見られない上に
当てずっぽうであれこれボタン押したりなんかしてたら
見たこともない画面になったりして焦ります。(実体験)

 

あと切り替わる順番が坂→長→井→健→准→剛で
年齢順ではないので注意。なんでなの…

 

MCはとにかく自由な健くんと
いじり倒される坂本くんがツボだった。

 

健くんは「自分で鎖食いちぎっちゃう」とか
言われちゃってるけどまさにその通りで、
とにかく話聞いてない感がすごいし
いきなり前の公演での話を今しようとか言い出したり
長野くんと岡田くんにシェネと「ど~も~」を強要するなど
やりたい放題するけど基本意味がわからない。笑
なにがしたいのか本当に謎。

 

あと健くん虫を見つけてイキイキしちゃって
坂本くんが本当に大変そう。

 

(・△・)こっち来てよぉ これほら虫、ほら♡

 

すっごいかわいいんだけど悪質極まりない。笑
くっつけられた虫は長野くんが払ってあげて一件落着。
味方してくれる人がいてよかったね。

 

坂本くんいじりは虫にとどまらず、
変なお弁当の話に始まり歌詞をすっ飛ばす、
ポップアップでコケるといった本番中のミスの話から
昔熱血だった話やさらにはジムでの様子など
プライベートな話までバラされいじられ放題。
岡田くんからの当たりが強いし、散々だ。

 

(●●)ヤぁじゃぁん…!(聞いたこともないような高音)

 

巡り巡る坂本くんの千社札シール事件は
井ノ原くんがすごいあほでめっちゃ笑う。
それからわたしは食べるということにまるで関心がないので
“腹と頭がおかしい”長野くんとは付き合えもしないんだろうなと
改めて痛感し遠い目をした。

 

剛くんによる新トリオ・ザ・シャキーン講評もここ。
わざわざ切らずにDisc4の愛しのナポリタン集に
入れたらよかったんじゃないかなと思うんだけど、
単純に容量の関係かね。

 

剛くんの毒舌が冴えてる。
長野くんの「ハハッw」て笑いが
たくさん入ってるのでわたし得。

 

Disc4の愛しのナポリタンはとにかく岡田くんの参加率w
しかもかなりの頻度で登場するにもかかわらず
なぜか終盤に入ってもテンパり気味。

 

登場回数の少ない井ノ原くんと健くんが
結構きちんと出来ていたのがすごいというかなんというか。
それと前に出忘れる健くんに前前!って合図する
剛くんのお兄ちゃん感ったらもう。好きです。

 

東山氏ソロパートの
ン゙ナ゙ア゙ァ゙ァ゙ァ゙ポォリィタンッ!!!」、
個性が出るね。
井ノ原くん、怒られるね。多分(笑)

 

とにかく始めの頃はみんなわたわたしててかわいい。
なかなかこう振りと歌詞が曖昧な状態って
見られるものじゃないので貴重な感じがする。

 

東山准一はとにかくイケボ。
東山快彦はふざけ虫。
坂本健太はとにかくヒドイ。
逆に東山昌行はすごく似合ってるんだけど、
なにかにつけて剛くんの顔色を伺いまくり、
ン゙ナ゙ア゙ァ゙ァ゙ァ゙ry」で
キメ顔してたら移動忘れてあたふたするとか
しっかりオチまでつけるのを忘れない。
さすが坂本くんだ。

 

あと長野健太率の高さよw
何回健太やってんだよってくらいやってるのに、
いつまで経ってもあたふたしてるし
「…っつさ♪」とかやってる。
しかも「おすぎです!!!」と謎に堂々とふざける。
あれはいったいなんだというのだろう。

 

宮城で東山昌行と長野健太でやった時、長野くんが
「君に会いたい 愛しのナポリタン(とりこに~)」のとこで
手の振り間違えてアワワワ!ってバタバタしちゃうのが
もう最っ高にかわいいんだよ…!!!!!!
あたふたする長野くんって超かわいいよね。

 

ドキュメンタリーはひとり1日ずつ、
会場入りからお帰りまで密着取材。
これマルチアングル?もあるけど謎で、
混乱するから普通にひとりずつ見たほうがいいね。

 

リハと本番前、本番中の様子、インタビューも少し。
ご飯食べたり走り回ったりバナナの皮でいたずらしたり、
当たり前だけど自然体だな~と。
 

気合入れのとこ好き。舞台裏ありがたい。
長野くんが健くんにバックハグするのとても燃えた。
萌えるんじゃないんだ、燃えるんだ。

 

バースデーサプライズ、准ちゃん終始照れまくっててかわいい。
お誕生日の歌は歌詞が出て「准ちゃん」に統一されてた。
V5なぜか声が妙に低いけど、照れまくる准ちゃん。
10年前がこうだったのに、
なぜONESコンでは「なろし」になってしまったのか。

 

すっごいおっきいケーキ出てきて、
当然のように一番食いつくのは長野くん。

 

(^▽^・)すっごいねこのケーキ!
(^▽^・)すごい!

 

あなたの食いつきがすごい。
消えて行くケーキにまで食いつく。
どんだけ気になるんだよ。

 

(^▽^・)すごいなぁ

 

いちご食べちゃう健くんと岡田くんが
やっぱり末っ子たちだなあって思った。
かわいいし、自由。

 

サプライズはケーキだけでなく、
長野くんがある方からのお手紙読み上げ。
朗読が始まった時の岡田くんの「?!」って顔、
ずっと誰?誰?って慌てててすっごいかわいかった。

 

でも長野くんはいいところで噛んじゃうし、
なんていうかもう、最終的にクレイジーすぎて(笑)
とにかくクレイジー。クレイジーの一言。

 

やっぱり准ちゃんはメンバーにとっては
いくつになってもただの“オカダ”なんだなと
わかる感じのサプライズ。笑

 

以上がVoyagerコンの感想でした。
メンバーのお誕生日とかあると楽しくなるよね。