幸せがそこにあること

頑張るよりも楽しんでV6への愛を叫び現実的にゆるくファン活をするブログ

『二十日鼠と人間』観劇レポというか雑感というか

『二十日鼠と人間』東京千秋楽おめでとうございます。

 

23日、健くんに会いに行きました。
詳細にレポや考察をしたい気持ちはありつつ、
未だに消化しきれずにこんがらがりまくってるくらい
超絶どんより引きずってるから(笑)
こっちでは内容的なことは簡潔にして
詳しくは自分のノートに綴ることにした。

 

で、実はというかなんというか、FCでチケット取れず、
一般もまあ取れず、日常のもろもろにかまけてたら
なんとあと1週間で東京公演が終わってしまうことに
先週日曜の夜に突然気づいてしまった。

 

わたしは微妙な田舎から出て行くのと
夜出歩くのが好きではないのとでマチネしか観ない。
となると火金土日しか行ける日がないのである。
当日券取れるかどうかは神のみぞ知る(笑)だから
もしや一度も行けないのではないかと
気づいた時点で半ば諦めていた。

 

とりあえず電話しないことには始まらないので
月曜12時からスマホに貼り付いて電話をかけまくった。
1時を過ぎても繋がらなくて、一度電話をやめた。
でもやっぱり諦め切れずに最後の一回と思って10分後にかけたら
いきなりつながっちゃってだいぶ慌てた。(笑)

 

今回は開演1時間40分前に着いた。
まあもともと当日券受付のために開演1時間には
到着してなきゃいけなかったことを考えれば、
その30~40分前の到着など誤差の範囲である。
ポンコツの呼び声高い某路線*1ユーザーのわたしに言わせれば
この数十分は安心安全のためのゆとりだから。
とはいえ今回はまじで人がいなくて(私だけではなかったけど)
え?間違えちゃった?明日だった?
もう始まっちゃった?(錯乱)とかちょっといろいろと焦ったな。  

  

健くんに会える~っていうウキウキが雲散霧消するくらい、
大袈裟に、雑に言うと
鬱展開に次ぐ鬱展開、そして極めつけの鬱エンドで
今まで観た少ない観劇のなかではぶっちぎりで笑いどころがなく
悲惨というか…とにかくむごい物語だった。

 

あらすじも結末も事前に知ってて、覚悟はして行ったんだけど。
それでも観なきゃよかった*2と思ってしまうくらい、
突き刺さり抉られるような、
なかなか消えない強い痛みがまだ残ってる。

 

そういうわけだから例によって例のごとく
自分でも引くほど泣いたのはまあ、いいとして。
わかってたのにラストには思いっきりハッと息を呑んで、*3
音は出さないように必死こいたけど
 「あああ……」っていう嘆きと絶望の声にならない声が
暗転のなかでどうしても抑えきれなかった。

 

そんな有様だったから
カーテンコールは気持ちの切り替えが間に合わなくて、
ちょっとぐすぐすもたもたしてしまった。
最後の最後に健くんがレニー役の章平さんにお姫様抱っこされて
バイバイして去ってったの超かわいかったな。
二階の上手端の方だったから最後の最後まで見えてたのよ。
それでやっと少しだけメンタル回復した。

 

観て楽しいものではないよ。
見直して細かいセリフ、拾いきれなかった伏線拾ってみたいけど、
繰り返し観たいなんて到底思えなかった。
救いがなさすぎて、苦しすぎて。

 

一度の観劇でメンタルがどっと疲れたし、
未だに思いや考えがぐるぐるして消化出来ずにいるというのに
何ヶ月も稽古して演じ続ける役者さんはすごい。
あれは相当エネルギー要るよ…

 

呆けたようにふらふらと乗り込んだ電車で
帰り道のお供に選んだのはTTTセトリ、というか
なぜか猛烈にちぎれた翼、days -tears of the world-
Change Your Destiny、会って話を、が聴きたくなった。

 

ちぎれた翼の「罪人」「許されぬ願い」
「見上げて~あるんだ*4
「深い哀しみ背負って今」
「希望から絶望へと風向きに逆らえない」
「絶え間ない痛み 果てない孤独」*5

days -tears of the world-の
「この場所で*6」「繰り返し*7
「傷つけあった日々」「手をとりあった日々」
「空を見上げて泣いた」*8
会って話をの「本当はいいヤツ、とか言い訳しても」
「正しさの剣と 正しさの盾と 正しさの牢の中に囚われてた」*9

 

聴いてみると、どれも全然関係ない曲たちなのに、
物語の端々にリンクするように感じてひっかかる言葉が
やたらとたくさんあって。

 

そしてちぎれた翼の「揺れる水面*10」、
Change Your Destinyの「水面の輝き*11」のフレーズが
最も悲しい最後の瞬間と重なって
涙がこらえきれずに電車の中で変な人になってしまった。

 

Change Your Destiny聴きながら、
ジョージとレニーは運命を変えられなかったんだ、と思った。
クルックスが「大勢と同じ夢物語でしかなく、
叶えられた人なんていない(大意)」と言った通り、
その運命に抗えなかったのだと。
それは時代のせいでもあり、レニーの持つものによってでもあり。
 

形になり始めていた夢が、零れ落ち、粉々になる。
そしてそれは単に壊れただけのことでもなくて。

 

あ~~~無理。やりきれない…

 

考えこみすぎて立ち直れなくなるから(笑)
内容とかわたしの思ったこととかはここではこれくらいにして
最後に健くんについて!

 

荒っぽい言葉遣いや怒声、
あからさまな敵意と冷淡な態度、絶望や悲痛の表情。
全身神経集中して魅入ってしまったな。
普段のいたずらっぽく明るい健くんとは
かけ離れた表情ばかりで。 

 

ある種のギャップ萌えというか、違うんだけど、
愛が深まった。(?)
もう…そんな健くんも好きだよ……みたいな。*12

 

完全に余談だけどカーリーの妻役の花乃まりあさんは一言目から
「おっ宝塚だ!」っていうよくわかんない感想を抱いた。
宝塚拝見したことないんですけどね…
なんか…イメージ…ごめんなさい…
ゾッと鳥肌立つほどの大絶叫が耳にこびりついて…もう…涙

 

カーリーの妻って『君が人生の時』のキティっぽい感じしたな。
キティとカーリー妻だけでなくて、ニックとスリム、
ブリックとカーリーもどことなーーーく似てる気がした。
まあカーリーは横暴でいけ好かない奴ではあれど
ブリックほど残酷でも同情の余地ない人でもなかったけどね…
レニーに勝手につっかかった落ち度はあるし、極端ではあるけど
レニーがしてしまった取り返しのつかないふたつのことに対して
ああいう感じになるのはわからなくないというか…うん…

 

余談ついでにもっとくだらない感想を付け足すと
序盤の川辺で怒ったジョージがナイフ(?)振り回して
そのへんにやたらめったらに当たり散らしてた時、
切りつけた藁みたいのが1本ピューンって客席に飛んでったのは
思わず目で追ってしまったな。(笑)

 

たったこれだけのことをここに書き出してまとめるのに
1週間近くかかってるという事実に
どんだけ引きずってんだって我ながらちょっと引いてる(笑)
ほんとはいろいろ心情とか考察とか書いてたんだけど
まとまらなすぎるし酷すぎるからやめた。
結果こんな全然伝わらない感想になっちゃったけど、
この程度のくだらないこと言ってふざけてないと
バランス取れないんだよ…

 

それくらい深い爪痕を残す作品だったということです。

 

作業BGM:20th Century『ちぎれた翼』
『days -tears of the world-』
『Change Your Destiny』『会って話を』

*1:案の定この日も遅延した

*2:「観なきゃよかった」というとちょっと語弊がある。この舞台も、読んでないけど原作自体も、観てないけど映画も素晴らしいんです。観てほしい、読んでほしい、知ってほしいとも思ってる。でも描き出されるむごさ、救いのなさがわたしはトラウマになった

*3:ああ人ってほんとに“ハッと息を呑む”んだ、なんてバカな感想も過ぎりつつ

*4:このフレーズはジョージがレニーに川の方を向かせて話をしてる最後の場面を想起させた

*5:引用*作詞:MIZUE『ちぎれた翼』

*6:面倒を起こしたらここで落ち合うと約束した川辺のイメージ

*7:何度も言って聞かせなければならないジョージ、何度も同じ言葉を繰り返すレニーのイメージ

*8:引用*作詞:浅田直『days -tears of the world』

*9:引用*作詞:堀込高樹『会って話を』

*10:引用*作詞:MIZUE『ちぎれた翼』

*11:引用*『Change your destiny』

*12:今自分が誰担なのかアイデンティティ絶賛揺らいでるから許して…